かなしいニュース

【青森】女子大生と海外出張、同室で13連泊 弘前大の50代准教授、セクハラ停職6カ月 「同室の方が安くて安全だと思った」

投稿日:

1:2016/06/05(日) 09:25:13.04 ID:
女子学生と海外出張し、同室で13連泊。そんなうらや……いや、とんでもない男性准教授がセクハラで停職6カ月の処分に。青森県の弘前大人文社会科学部の50代准教授で、同大が2日に発表した。

准教授は2014年3月のアジア出張の際、同行した女子学生と同じ部屋を予約。嫌がる女子学生を無視、「同室の方が安くて安全だと思った」と弁解しているというが、どうやら“常習”らしい。

「准教授は14年9月の研修旅行でも、同行した別の女子学生に同室の宿泊を持ちかけるなど、十数年前からセクハラで何度も注意を受けていたそうです。自分好みの女子学生ばかり、えこひいきしていたため、他の学生が大学に相談。大学が注意したら、ゼミを予定通りの時間に開かないなど、逆ギレしていました」(弘前大関係者)

弘前大OBがこんなエピソードを明かす。

「授業ではインドの“性典”カーマ・スートラにかこつけて、女子学生の手を握ったりしていた。ゼミの試験に男子学生が来ると、露骨に嫌がっていましたね。セクハラ停職処分の報道を知って、すぐに『あの先生だ』と顔が浮かびました」

ネット上では准教授の実名が拡散。何でも最難関の国立大文学部から同大学院に進み、東洋史学を専攻したエリートらしい。大使館の調査員として働いたこともあったという。授業はそこそこ人気もあったというから、不思議なものだ。

弘前大では6年前にも30代の男性准教授が女子学生に対するわいせつ行為で停職12カ月に。2年前にも40代の男性教授が大学院生に暴言を吐くアカハラで停職3カ月の処分を受けている。ど~なってるのと、きのう(3日)、同大に問い合わせたら、「担当者が休暇を取って帰宅したため、答えられない」(人事課)。一事が万事。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/182887/


2:2016/06/05(日) 09:30:15.82 ID:

>同室の方が安くて安全だと思った
正論だな。


4:2016/06/05(日) 09:33:50.83 ID:

クビにはならんのかね

後、女子は訴えても勝てるんじゃない?


8:2016/06/05(日) 09:42:24.47 ID:

「ベッドもシングルにしました。
シングルのほうがツインより安いと思ったんです。」とかな。


9:2016/06/05(日) 09:42:49.48 ID:

名前を公表して良いだろう


10:2016/06/05(日) 09:46:44.87 ID:

よくあるエロゲの展開や


15:2016/06/05(日) 09:55:47.03 ID:

俺はおっさんだがいくら女子大生とでも
他人と同じ部屋で13連泊とか嫌だわ


22:2016/06/05(日) 10:18:44.20 ID:

女子大生と同室で過ごすのは出張でよくやってるけど
一晩3万ほどかかるぞw


23:2016/06/05(日) 10:21:43.44 ID:

常習性があったんだろ?
それで停職6カ月かよ
ずいぶんと甘ーい処分だなwww

セクハラの花園、弘前大学!笑


26:2016/06/05(日) 10:29:32.67 ID:

民間でこれやったら、即、懲戒解雇。
っていうか、出張で嫌がる女子社員と同室を強要なんかしたら、
警察沙汰だろ。
ホンマ、弘前大学って、犯罪者の楽園だな。


37:2016/06/05(日) 12:15:45.56 ID:

同室で13連泊で、やられちゃったんなら
パワハラで訴えれば勝てるだろ
強姦罪は無理かもしれんが


 

引用元:

  • http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1465086313

山田菜々:目指すは「よしもとの石原さとみ」

-かなしいニュース

Copyright© メロディーの毎日かわいい日記 , 2017 AllRights Reserved.